カテゴリ:本棚( 14 )

guenさんの本 「 WALLS IN N.Y.C 」

「・・・・落書きは純粋な人間の心がそのまま壁に残っている言葉だ。色、形、書き手の年齢、みな違うが、どれもこれも形が違ったものを語りかけてくる。言葉以上の言葉なのだ。・・・・」

(猪熊弦一郎「私の履歴書 27 ニューヨーク 上」、
日本経済新聞1979年1月28日)

e0021031_20132553.jpg

e0021031_20132663.jpg

e0021031_20183738.jpg

e0021031_20132689.jpg

e0021031_20132682.jpg



by i-sekkei | 2017-01-19 20:01 | 本棚 | Comments(0)

折々のことば

e0021031_20554796.jpg















朝日新聞 朝刊 2015・11・11



バシュラールは「空間の詩学」もいいですね。
by i-sekkei | 2015-11-11 21:00 | 本棚 | Comments(0)

「見本」

陶芸家、河井寛次郎記念館で販売している本、の見本。
館の方にお願いして売ってもらう。

特に大切に扱われるでもなく、
「見本」としての役割を果たしてきた様が愛おしい。
(t)

e0021031_22595414.jpg
e0021031_2302691.jpg
e0021031_2312164.jpg
e0021031_232969.jpg
by i-sekkei | 2014-02-16 23:15 | 本棚 | Comments(0)

Paul ・Klee の 画集

鎌倉の古本屋さんで買った Paul ・Klee の 画集。
Klee の本はたくさん持っているのだけど、この本が1番好き。

e0021031_0314494.jpg

More・つづきを読む
by i-sekkei | 2013-07-01 00:39 | 本棚 | Comments(0)

風の道のある家  ー チルチンびと 49号ー

6月5日発売のチルチンびと49号「風の道のある家」で
Tea Houseが紹介されています。

とてもいい感じです。 
  
e0021031_162725100.jpg








取材のご理解を頂いたクライアントに感謝します。
by i-sekkei | 2008-06-04 16:41 | 本棚 | Comments(0)

チルチンびと

チルチンびとの取材でTea House に伺いました。
6月5日発売49号の「風通しのいい家」で紹介されます。

e0021031_17333310.jpg











・・・・・・clay
by i-sekkei | 2008-04-01 17:34 | 本棚 | Comments(0)

建築家 堀部安嗣さんの作品集

堀部安嗣さんの作品集が出版されました。
「堀部安嗣の建築 form and imagination」です。
大阪で行われた、堀部安嗣さん、竹原義二さん、横内敏人さん3人の建築家による
出版記念トークに行ってきました。
3人の方の良い関係がうかがい知れる歯に衣着せぬトークが面白くて、
とても興味深い内容でした。

作品集の、
美しいドローイングの表紙カバーを一枚に広げると、
うつりゆく四季が表現されているそうです。

e0021031_22522790.jpg






美しい建築
美しい住まい方
美しい時間

ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

本はこちらから購入出来ます。→ 柳々堂
by i-sekkei | 2007-12-02 23:07 | 本棚 | Comments(0)

ありがとう、「左官教室」

月刊誌「左官教室」、
今月号で休刊との知らせがありました。

昭和31年創刊、歴史ある専門誌です。
毎月、当たり前のように送られて来た
その本の存在の大きさを
今更ながら痛感しています。

感謝の意を込めて
ここに小林編集長の「今月の言葉」を
掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌の別れ

街道をゆく車の廃ガス
建築の廃熱
耐え難い炎熱の八月の午後
判断は下る
聖勅のように

別れはいつかやって来る
湿式から乾式へ
手仕事から機械化へ
地場の職人からハウスメーカーへ
キムチはつくられるのではなく
漬けられるもの
壁は組み立てられるものではなく
塗られるもの
風景はあるものでなく
到来するもの

街道をゆく車の廃ガス
建築の廃熱
耐え難い炎熱の八月の午後
判断は下る
聖勅のように

別れはいつかやって来る
心臓から頭脳へ
感情から理性へ
寛容から排除へ
歓待から差別へ
湿式から乾式へ

そう
別れはいつかやって来る

西の山に陽が沈む
さあ 皆の衆
おいとましよう

散文の世界から詩の世界へ
乾式の世界から湿式の世界へ
測定と管理の世界から
アバウトでランダムでノーブロブレムな世界へ

キムチはつくられるのではなく
漬けられる
素焼きの甕の中で
時を待ちながら発酵し熟成する

壁は組み立てられるものではなく
塗られる
水と風の中で
時を味方につけながら
到来する
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「左官教室」615号 9月「今月の言葉」より
by i-sekkei | 2007-09-11 16:02 | 本棚 | Comments(0)

月刊 Kalas

季刊誌 NAGI の月兎舎と朝日新聞が発行している 「月刊 Kalas」
8月号の特集「三重の木の家」 に、
先月完成した Tea House が 紹介されています。
表紙に中庭に面したベンチの風景が心地よく
載っています。

e0021031_19301989.jpg











clay
by i-sekkei | 2007-08-11 19:32 | 本棚 | Comments(0)

ルイス・バラガン

白いキャンバスのような
おしゃれな本が届きました。
ルイス・バラガンの本です。
名古屋のコロンブックスさんに
お願いして探してもらいました。
建築としてだけでなく、
写真としても美しい本です。

e0021031_19284052.jpg











・・・・・・・・・・・・・・・・ by clay
by i-sekkei | 2007-03-16 19:30 | 本棚 | Comments(0)