<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏の終わりの東京二日  ー2ー

e0021031_16184669.jpg








おなじみとなった
「泥だんご」の制作風景です・・・が、
なんと、この手・・・


e0021031_16195493.jpg








 


…泥だんごづくりの本家本元、
あの、榎本新吉さん!
左官名人といわれている方です。
(ご本人曰く「迷人」だそう!?)

伊藤にとっては師匠となる、
とてもお世話になった方でもあります。

この日、突然おたずねしたところ、
ちょうど近所のお子さんと
泥だんごづくりをされるところでした。


e0021031_16253297.jpge0021031_16254611.jpg








たくさんの行程のひとつひとつ
ていねいにていねいに
削り落ちる乾いた土の一粒も無駄にしない 
土に感謝するような
祈りのような
静かな時間が重なって
泥だんごのまんまると、光が
生まれました。


e0021031_16315327.jpg











夏の終わり、東京二日目、
榎本新吉さんにお会いして
この日も特別な記憶となりました。

2008.8.31

・・・・・・ by clay
by i-sekkei | 2008-09-01 17:32 | Comments(0)

夏の終わりの東京二日 ー1ー

その昔、皇族の邸宅だったという、
東京都庭園美術館に行きました。
 
 「夏の邸宅」<アール・デコ空間と彫刻、ドローイング、版画>
  という、舟越桂さんの作品展が開催されています。


e0021031_15525145.jpge0021031_15531734.jpge0021031_1633620.jpg








その日は、
舟越桂さんと、アンドーギャラリーのオーナーで、
舟越桂さんの版画作品のプロデュースをされている安東孝一さんの
講演会もあって、先着250名、並びました。 すぐに満員、立ち見の人も。
講演後、自然とサインをもとめる人の列が。
こちらも並んで、


e0021031_1764733.jpg









この展覧会には楽しいドレスコード割引がありました。
「木から生まれたもの」木のアクセサリーを身につけている人の特典です。
ということで、それぞれに・・・


e0021031_17165442.jpg 






右は、日本全国スギダラケ倶楽部の会員証です。



東京都庭園美術館という空間に在る、舟越桂さんの作品・・・、
特別な記憶となりました。


e0021031_17181399.jpg








2008.8.30

・・・・・・ by clay
by i-sekkei | 2008-09-01 17:27 | Comments(0)