<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オープンハウスのおしらせ

クライアントのご厚意で、2カ所の現場でオープンハウスを行います。


K house (仮称)
  日程 2011年2日5日
      10:00〜15:00
  場所  四日市市阿倉川


W house (仮称)
  日程 2011年1月29日・30日
   10:00〜16:00
  場所 員弁郡東員町

○予約制です。
 見学ご希望の方はメールして下さい。
 i-sekkei@m4.cty-net.ne.jp

建築中の様子 → K house W house

e0021031_2028631.jpg







K house


e0021031_20281836.jpg







W house
by i-sekkei | 2011-01-06 20:34 | event・オープンハウス | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろお世話になりました。
我がアトリエは生まれ育った街の商店街の一角にあり、
毎日、人々の暮らしを感じながら仕事をしています。
ショーウインドウの大きなガラス越しに光や風、通り
を行く人々の話し声、街の音、風景、緩やかな時間の
流れを感じています。
これからも、日々の暮らしに寄り添いながら、ものづ
くりをしていきたいと思います。


1989年、ギャラリーミキモトで開かれた猪熊弦一郎展「FACESⅡ」カタログより


今年も顔の連作になってしまった。描くうちに丸の中の目、眉、鼻、口をど
う位置づけてゆくかが面白くなったのだ。同じものにならないように考えな
がら筆を走らせてゆくのだが、描けば描くほどむずかしくなり、描けば描く
ほど面白くなるのだ。不思議だ。私はその作品が別に具象とか抽象とかいう
枠の中のことはいっさい考えないで、ただ丸とその他の組み合せて頭の中の
形体に対してこの友交を深めて行った積りである。
描いてみると、自分自身の力のサイズが自ずから解って来るようで自分なが
らたいした事は出来ない事が良く解った。絵はおそろしいもので、その人の
力いっぱい、それ以上の事は出来ない。自分が裸体になってそのままの生体
をさらけ出しているのが現在の作品であるから、良いも悪いもいかなる形式
を使ってみても、これが私の正直な姿である。今となれば、一枚でも多く思
うがままに勇敢に描き進む以外にないように思われる。
最近50年ぶりにパリを訪ねポンピドゥー・センター、ピカソ・ミュゼ、その
他のパリに誕生した新しい建物を一つ一つ丁寧に見て来たが、どの作家も自
分の持っている力いっぱいに自分を出し切っている姿に接して、感動させら
れた。何でも自分の力いっぱいに出し切り続けた時に、初めて他の人をも感
動させるものになる事を再び強く知った。

1989年10月16日  
猪熊弦一郎



今年もよろしくお願いします。
         
               I 設計室  伊藤嘉浩

More
by I-SEKKEI | 2011-01-01 14:18 | Comments(0)