明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨年は、既存の農業用倉庫をリノベーションしてレストランをつくる
設計をさせてもらいました。
出来事の建築ー終わりのない風景。
時間と共に経た建物と新しく芽吹くものづくりの場が
ひとつの風景となるように、時間をデザインするイメージで。
自然の中の一部として逆らう事なく、このままに、そのままに、
ただそこにあるだけで美しくなるような想いでつくりました。

昨年のNHK放送 ETV60 美の贈りもの ベストセレックションより、
この番組に寄せられた彫刻家の佐藤忠良さんの 97才 のメッセージ。
アナウンサーの方が直筆の手紙を読まれていました。

『 彫刻を始めて、かれこれ70年になりますが、今でもやはり「自然」が
 僕の一番の先生で、その手強さに手を焼いています。
  朝8時から夜8時までアトリエでコツコツ仕事をする暮らしも、70年
 前から変わりません。
  もうすっかり低空飛行ですが、このまま最後まで、低空ながらも飛び続
 けられればと思っております。 』


今年もコツコツと淡々と気負うことなく
ものづくりをつくり続けたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
I 設計室  伊藤嘉浩
by I-SEKKEI | 2010-01-01 12:30 | くらしとかたち | Comments(0)


<< 弦さんのねこ 大橋歩 展 >>